PLUST

想いを叶えるカラダをつくる

暮らしに寄り添う、身体のプロフェッショナル

RECRUIT 求人募集中

BLOG

ブログ

2021.07.28

訪問看護師はブランクがあっても大丈夫?転職前に知っておきたいこと

 

プラスト訪問看護ステーションです!

 

訪問看護ステーションへの転職をする人は、産休や育休が終わり、子育てしながら働きたいと考えるブランク明けの方が少なくありません。そこで悩みになるのは「長いブランクがあるけど、大丈夫かな…」ということです。

 

この記事では、ブランク明けで訪問看護ステーションに転職する看護師さんに知っておいて欲しいことを紹介します。

 

ブランク明けの看護師さんの悩み

 

ブランク明けの看護師さんが抱える悩みはいくつもありますが、ここでは代表的なものを紹介します。

 

・業務がちゃんと出来るか心配:看護から離れている期間があることで「ちゃんと仕事が出来るのかな…」といった心配が生じるものです。毎日のように行っていた処置や観察の技量が心配になることはもちろん、新しい知見を知らないことも心配になるものです。

 

・家庭との両立が出来るか心配:子育てしながらの生活はこれまでよりも多くの時間を家庭に割くことになります。また、小さなお子さんでは急な発熱や大雨警報などに仕事に行けるかが左右されてしまうこともあります。これらを心配に思うものです。

 

ブランク明けで働くための準備

 

ブランク明けでも安心して働くためには、しっかりとした準備をしておくことが大切です。いくつかのポイントを紹介します。

 

・働きやすい職場を探す:ひとくちに「働きやすい」といっても、いくつかのポイントがあります。まず、実際にブランク明けの看護師さんや産休・育休を取得した看護師さんと働いているかを確認しましょう。スタッフが当たり前にサポートし合う雰囲気や仕組みを作っていればばっちりです。つぎに、スキルアップや研修の体制を確認しましょう。急にひとりで訪問に行かされるような職場は避けた方が良いでしょう。

 

・家族と働き方を相談する:家庭と仕事の両立をひとりで全て行おうとしてはいけません。仕事がはじまることでどれくらいの時間と体力がなくなるのか、それによって家族のサポートがどのように必要になってかを共通認識として持ち、どのような働き方がベストなのかを考えていきましょう。

 

転職活動では正直に相談してみよう

 

転職活動をするときは、ついつい心配な点などを相談出来ないものです。実際に職場見学などに行ったときには、下記のポイントを参考にしてみてください。

 

・ブランク明けの看護師がいるのか:産休・育休などを取得して復帰した看護師さん、産休・育休後に転職した看護師さんがいるのかを聞いてみましょう。そして、どのように復帰してから過ごされているのかを聞いてみましょう。実際の話を聞くことで、転職後のイメージがはっきりとしてきます。

 

・心配を見学ではぶつけてみよう:「急な休みが必要になったら…」「看護師としてのスキルが大丈夫か…」このような心配は見学に行ったときにぶつけてみましょう。しっかりとサポート体制を整えている訪問看護ステーションであれば、安心できるように回答してくれるはずです。転職後につらい気持ちにならないよう、勇気を持って聞いてみましょう!

 

プラスト訪問看護ステーションの看護師

プラスト訪問看護ステーションには、実際に子育てと仕事を両立させながら働く看護師さんが多数います。インタビュー記事を参考に、働き方を考えてみてくださいね。

 

 

みんなで助け合う良い雰囲気がある訪問看護ステーション/看護師 平川咲子

 

 

 

仕事と子育てを両立できる、今までで一番働きやすい職場/看護師 岸野舞

 

おわりに

訪問看護とブランク明けについて紹介しました。プラスト訪問看護ステーションでは様々なスタッフが働いているので、是非とも参考にして転職を考えてみてくださいね。

 

プラスト訪問看護ステーション

プラスト訪問看護ステーションでは、スタッフが働きやすくレベルアップ出来る職場を作っています。パート勤務の方も受け入れていて、たくさんのスタッフがいます。特設ページにて紹介していますので、是非ともご覧ください。

 

プラスト訪問看護ステーションへの質問やお問い合わせはこちらまで!

カテゴリ