PLUST

想いを叶えるカラダをつくる

暮らしに寄り添う、身体のプロフェッショナル

RECRUIT 求人募集中

BLOG

ブログ

2018.03.29

第16回 プラストキッズ勉強会(小児部門)を行いました。

第16回 プラストキッズ勉強会(小児部門)をおこないました。

 

今回も理学療法士、作業療法士、看護師、ベビータッチケアスペシャリストといった普段から子ども(小児)に関わる方々が集まり、文殊の知恵を出し合う場となりました。

内容は「循環器系」を小児のことから成人の運動負荷、そして自律神経系と絡めてとても興味深い内容を西宮回生病院の福崎さんに講義していただきました。討論の時間には具体的な評価の方法や実際の臨床場面を聞いたり、他施設での取り組み方法について、そしてNICUでの管理までこれまた幅広く意見を交換することができたように思います。

赤ちゃんから障害児者までみられる「向きグセ」について、様々な仮説と先行研究を報告しあい、今後も皆さんで議論する内容であることを確認しました。

最後は「タッチ」特に生理学的内容の理解を深めるためにタッチが発達の様々なもの(運動、認知、コミュニケーション)に影響を及ぼすこと、そしてどういった神経回路を伝わって、感じ、知り、学習するのかについて情報交換しました。登場した文献数は50近いものだったので、少し内容を吟味するには時間が不足してしまいましたが、小児リハの応用や評価への応用についても意見交換することができ、大変有意義でした。

 

4月の勉強会の予定は、第2,4水曜日の19時から行いますので、興味のある方は資格の有無、小児経験の有無を問わずご参加ください。

連絡先はkids@plast-project.jpです。

 

株式会社PLAST

小児部門 プラストキッズ

カテゴリ